よくある質問

2016.03.01更新

【質問】

 私は5年前に離婚しました。離婚に際し、養育費を請求しないことを条件に渡しが子どもの親権者になることに同意してもらいました。しかし、現在、私は当時より収入が少なくなり、私ひとりで子を育てていくには収入が足りません。そこで、離婚した元夫に養育費を請求することができるでしょうか。

 

【回答】

 養育費の分担について父母間に合意がある場合でも、合意の妥当性について検討し、その内容が著しく子に不利益で子の福祉を害する結果に至るときは、子の扶養請求権はその合意に拘束されることなく行使でき、また、合意後、事情の変更があり合意内容を維持することが実情に沿わず、公平に反するに至ったときは、扶養料の請求や増額の請求ができるとの審判例(宇都宮家審昭50.8.29)等、審判例、判例は①子の福祉を害する特別の事情、②合意後の事情の変更があるかという視点から判断する傾向にあります。

 その結果、子の養育が不可能な経済状態にあるような場合には、養育費の請求が認められます。

 まずは、養育費請求の調停を申し立てるところから頑張りましょう。

 

 

投稿者: 弁護士 今村 恵

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

まずは一度ご相談の場に来てみませんか?
弁護士 今村 恵 弁護士法人 鈴木総合法律事務所 受付時間 10:00~18:00 定休日 土・日・祝日 住所 東京都渋谷区恵比寿1-8-6共同ビル7階・4階 tel 03-6459-3344 面談予約・ご質問はこちら
弁護士 今村 恵 弁護士法人 鈴木総合法律事務所 受付時間 10:00~18:00 定休日 土・日・祝日 住所 東京都渋谷区恵比寿1-8-6共同ビル7階・4階 初回相談 30分5,000円(税抜)
  • bottom_tel_spimg.png
  • 面談予約・ご質問はこちら